日本株

【イオン赤字転落】株価急落中の今は果たして買いなのか

ノア
ノア
今日はイオンの株価が大きく下げていたわね
京子さん
京子さん
まったく、なんて日だ〜
ノア
ノア
ホルダーとしてはまぁ、素直な気持ちよね。でも本当に悲観する状況なのか、少し見ていきましょう

現在の株価

本日、イオンの株価が終値ベースで4%を超える下落になりました。

京子さん
京子さん
せっかく持ち直して来てたのに今日一日でこれまでの努力がパーに〜
ノア
ノア
確かに短期では持ち直して来てたけどこれだけでは確認不足よ。次のチャートを見てみて
過去1年のチャート
過去5年のチャート
京子さん
京子さん
うわ〜、右肩下がりじゃな〜い
ノア
ノア
そうなのよ。昨年末にピークをつけて以降株価は下落基調なの
京子さん
京子さん
持ち直してると思ってたんだけどな〜
ノア
ノア
1つのチャートだけで判断するんじゃなくて、短期、中期、長期といった複数の時間軸のチャートを見ることで、より正確に現在の立ち位置を把握することができるのよ

株価急落の要因

今回、株価急落をまねいたのは先週末7/5に発表された2020年第1四半期の決算短信の内容でした。

ノア
ノア
四半期ベースではあるけど、なんと赤字転落しちゃったの
京子さん
京子さん
ぎょえ〜、あ、赤字〜?
ノア
ノア
株価が直近で持ち直してたのは決算を期待しての動きだったとも考えられるわね
京子さん
京子さん
ところが期待された決算は赤字、、それで株価が下がっちゃったんだね
ノア
ノア
発表後の夜間取引で株価はすでに大きく下落してたから、今日の下落はある程度予想できたことよ
京子さん
京子さん
それにしても日本が誇る大企業が赤字なんて、、小売り業は厳しいってよく聞くけどホントなんだね〜
ノア
ノア
確かにこれから日本はどんどん人口も減少していくし小売業が厳しいと言われているのは事実よ。でも本当に今回の決算が悲観する内容だったのかもう少し詳しくみてみましょう

発表された決算の内容

ノア
ノア
最初にこれを見て
京子さん
京子さん
やっぱり営業利益、経常利益とも大きく去年から減っちゃったね〜
ノア
ノア
確かにそうなんだけど、でも通期の予想を見ると違った見方もできるわ
京子さん
京子さん
あれ〜、去年より増えてる?
ノア
ノア
そうなのよ。通期では、直近に公表された業績予想を修正してないの。つまり、なんらかの要因で一時的に赤字になっちゃったけど、年間を通してはしっかり利益を取り戻せると経営陣は考えてるわけよ
京子さん
京子さん
なるほど〜、でも赤字になるほどの一時的な要因ってなんだろ〜
ノア
ノア
それも、今回発表された決算短信の中に答えがあるわ

(1) 経営成績に関する説明
当第1四半期連結累計期間(2019 年3月1日~5月 31 日)の連結業績は、営業収益が第1四半期とし
て8期連続で過去最高となる2兆 1,163 億 49 百万円(対前年同期比 0.6%増)となりました。営業利益は 277億45百万円(同 30.0%減)、親会社株主に帰属する四半期純損失は、43億42百万円(前年同期より 109 億1百万円の減益)となりました。これは、当社連結子会社のイオンディライト株式会社の子会社である株式会社カジタクで判明した過年度の不正会計処理及び誤謬の修正額を、当第1四半期連結累計期 間に一括計上したことが主たる要因であり、その影響を除いた場合の営業利益は 422 億 89 百万円(同 6.7%増)となっております。当該会計処理問題の詳細につきましては、イオンディライト株式会社のウェ ブサイトに掲載されております(https://www.aeondelight.co.jp/ir/)。また、セグメント別営業利益に つきましてはGMS(総合スーパー)事業とSM(スーパーマーケット)事業が消費マインドの冷え込みや 天候不順による影響を受けましたが、ヘルス&ウエルネス事業、ディベロッパー事業と、業績回復が続く 国際事業は増益となりました。サービス・専門店事業は、上述の会計処理問題に係る影響額を除いた場合、 増益となりました。なお、総合金融事業は減益ではありますが今後の取扱高拡大を目指した販売促進強化 によるものであり、想定通りの業績の進捗となりました。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/8267/tdnet/1729494/00.pdf

ノア
ノア
子会社で不適切な会計処理があって、それを今回一括して最初に損失計上したから赤字になっちゃったってわけ
京子さん
京子さん
そういうことだったのか〜
ノア
ノア
売り上げとか利益とかの数字に目が行きがちだけど、発表される決算短信の中には、どうしてそうなったのかっていう会社からの説明も載っているから、きちんと目を通すと正しい状況の把握につながるわ

最後に

いかがでしたか?

期待していたホルダーの方にとっては残念な決算になりましたが、同じくイオン株を保有しているノアは今回の決算内容自体はそれほど悲観していません

むしろ不適切だと分かった損失をずるずると後に持ち越すことなく、最初にスパッと切る今回の経営陣の判断はベターなものだったと考えています。

イオンのホルダーには、日々の買い物で3%以上のキャシュバックがあったり、映画が安く観れる、今後廃止されるかもしれませんがイオンラウンジが使用できるなど、その他にも多くの優待特典があります。

今回の発表は損失も一時的なもので会社の経営が大きく傾くような内容でもないため、ノアはこのままホールドの予定です。

とは言え、現在の投資指標は、予想PER:63.3倍、実績PBR:1.45倍、予想配当利回:1.91%と依然として割高感は否めません。

中期、長期的にも株価は右肩下がりであることも個人的にはマイナスポイントかなと思っています。

今回の下落をチャンスと見るかピンチと見るか色々な考えがあるかと思いますが

イオンホルダーであるノアの結論としては”焦って売る状況ではないが、焦って買う状況でもない。イオンをよく利用する人なら優待狙いで買うのも悪くない水準だが、株価が中期長期で下げ止まったのを確認してからインしても遅くない”というのが総評です。

投資の世界は、どう考えどう行動するか、全てが自由の素晴らしい世界です。

当然その結果についての責任は負いますが、ぜひ思い思いの素晴らしい投資LIFEを満喫してください。

その先には素晴らしい未来が待っていると思います。

それでは最高のフィナーレを!