節約術

【楽天証券】新たに口座の開設を決断した理由

ノア
ノア
いろいろ考えたんだけど楽天証券の口座を開設したわ
京子さん
京子さん
お〜、この前とりあえず様子見って言ってたのにどうしたの
ノア
ノア
いくつか理由があるからこれからお話ししていくわね

資産運用に専念できる口座をもう一つ作りたかった

私は今SBI証券をメインで使っているのですが、紐付けしているネット銀行ではクレジットカードの引き落としなど日々の生活費も決済しているため、生活用口座と完全に切り離した資産運用に専念できる口座を作りたいという思いがありました。

米国株へ投資しやすい環境が整備されてきた

つい先日、マネックス証券が米国株取引の最低手数料の大幅に引き下げを発表しました。

それを受けてわずか一日で楽天証券が追随したことで、手数料の分野で両者の優位性はほとんどなくなりました。

マネックス証券が楽天証券より優位に立っている点としては、①取り扱い銘柄が多い②スマホで米国株を手軽に取引できるアプリがあるといった大きく2点が挙げられらます。

ただノアが購入を検討するような主要な銘柄はほとんど楽天証券でもカバーできており、その点は問題ありませんでした。

ノア
ノア
スマホのアプリもあったら便利だけどそれがないと困るというほどじゃないわね。今後楽天から提供される可能性もあるし

それなら、加入者が多く、グループ内での他のサービスと様々な連携、特典のある楽天証券の方がいいと思った次第です。

ポイントを活用しやすい環境が整っている

現在ノアは決済をほとんどクレジットカードで行なっていますが、残念ながらポイントに関しては無頓着でした。

現在使用してるエポスゴールドカード

無料で使えるおしゃれなデザインのゴールドカードというただそれだけの理由で今のクレジットカードを使用してますが、ベースの還元率はわずか0.5%

常時1%以上の還元が得られる楽天カードやAmazon Cardには遠く及びません。

皮肉にもブログを本格的に始めたことでいかに数円、数十円のアドセンス収益を得るのが難しいのかを今更ながら実感

そうしたわずかばかりの金額も、積み上げればバカにできない金額になることにようやく気付きました。

ノア
ノア
早速楽天カードと楽天銀行に申し込んだわ

楽天証券であればクレジットカードの利用や証券取引の手数料、投資信託の残高に応じてポイントが付与されるなど、ポイントの貯まりやすい環境が整っています。

ポイントの利用についても100ポイントから投資信託を購入できるなど利用しやすいことも楽天証券を決断した一つの理由です。

京子さん
京子さん
ついに楽天経済圏の住民に仲間入りだね
ノア
ノア
すでにスマホは格安SIM使ってるけど、楽天モバイルの自社回線への切り替えが進んだら乗り換えることも真剣に考えてるわ

その他、意外に嬉しい特典も

ノア
ノア
楽天証券の口座を作ると見れる投資情報がいろいろあるんだけどそれがかなり魅力的なのよ
京子さん
京子さん
どんな情報なの?
ノア
ノア
日経テレコン会社四季報という日本が誇る2大投資情報サービスが無料で見られるの
京子さん
京子さん
四季報は分かるけど、日経テレコンはよく分かんないな〜
ノア
ノア
簡単にいうと日経新聞の朝刊と夕刊が無料で見れるのよ。普通に申し込んだら月5000円近く、電子版でも4,200円かかるサービスが無料で読めるんだからお得よね〜
京子さん
京子さん
え〜、そんなのが無料で読めちゃうなんて。証券口座を作るだけなのに

最後に

いかがでしたか?

突如マネックスの発表したニュースで勃発した米国株の手数料引き下げ戦争で、米国株投資を取り巻く環境が大きく変わろうとしています。

今の流れだと最大手のSBI証券も追随せざるを得ない状況ですが、すでにメイン口座として利用しているノアは引き続きSBI証券も愛用していく予定です。

ノア
ノア
積み立てNISAも始めたばかりだし、これからもなが〜いお付き合いをしたいわ
京子さん
京子さん
そんなどこかのCMみたいなことを、、、

ただ、今後毎月の入金投資をするのは全て楽天証券にしてこちらは全てETFを購入していこうかと考えています。

今後のSBI証券の利用は、ボーナス時の入金と振り込まれる配当の範囲内で個別株を購入していくことを予定しています。

先月、今月で日本株から米国株へのスイッチが想定以上に進んだおかげで狙っていた個別株はかなり手に入れることが出来ました。

ただ、いろいろな方のブログや考え方を参考にしていて、やはり個別株のリスクは無視できないと考え、PFに占めるETFの割合を引き上げていこうと思います。

節約して得られたポイントも全てアメリカへの投資に注ぎ、今回の楽天証券口座の開設を機にさらなる資産運用を促進していきたいと思います。

それでは最高のフィナーレを!