ヘルスケア

【ヘルスケアは最強の資産運用】健康の価値はプライスレス

ノア
ノア
ねえ、一番価値のある資産ってなんだと思う?
京子さん
京子さん
突然どうしたの〜?う〜ん、やっぱりお金かなぁ
ノア
ノア
確かに大事なものよね。何をするにもお金が必要になってくるし、そういう意味では間違いじゃないと思うわ
京子さん
京子さん
やった〜
ノア
ノア
でも私はお金よりも大事な資産があると思うの
京子さん
京子さん
え〜、な〜に〜?
ノア
ノア
ふふ、それは健康よ

 

こんにちは、ノアです。

みなさんは自分の健康について真剣に考えたことはありますか?

ノアは正直、今まで自分の健康について考えることはほとんどありませんでした。

普段は健康などほとんど意識することもなく、たまに風邪をひいたり熱が出たりしてやっと健康のありがたさを感じる。そして状態が回復したら、喉元過ぎればなんとやらで健康の事なんて意識しなくなる。そんな繰り返しではないでしょうか。

でも、もし仮に重い病気にかかってしまったらどうでしょう。交通事故にあって後遺症が残ってしまったらどうでしょう。

働いている人であれば当然働けなくなるのでその分の収入が減りますよね。

ありがたいことに我が国は国民皆保険制度が採用されています。障害者年金や生活保護もあるし餓死することはまずありません。

それでもそういったセーフティーネットだけでは働いていた今までと同じような収入は期待できず、金銭的な損失があるわけです。

でも健康を損なって失うのはそれだけじゃありません

今まで行っていた買い物や旅行ができなるかもしれません。もしかしたら自宅でお風呂に入ったり、自分でトイレへ行くこともできなくなるかもしれません。

そうなったらどうでしょう。

今までできていたことができなるなるという心の痛みは果たして金銭的な価値に置き換えられるのでしょうか。

そういった視点から考えると健康ってものすごい価値のある資産に思えてきませんか?

普段なかなか意識することがないからこそ意識的に考えてみることが大切だと感じ、少し「健康」というものについて考えてみたいと思います

そもそも健康ってどういう状態?

世界保健機関(WHO)という「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的として設立された国連の専門機関が発表した定義によると

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます

京子さん
京子さん
あれ?健康ってなんの病気も障害もないようなイメージだったけど違うんだね
ノア
ノア
そうなのよ。数年前のデータになるけど厚生労働省が行なった健康感を判断する際に重視する項目の調査結果よ
多くの人が抱く健康についてのイメージ
ノア
ノア
健康のことを病気がないことだと考えている人が多いということよ
京子さん
京子さん
私と一緒だ〜
ノア
ノア
なぜ健康の定義がこのようなものになったかという理由は、健康と疾病は別個のものではなく連続したものであるという考え方が根底にあるの
京子さん
京子さん
健康と疾病が連続してる〜?
ノア
ノア
そうよ。一生を通して病気にかからない人なんていないでしょ。状態がいい時も悪い時もあるけど、どんな時でも健康でありたいという願いが込められているのかもしれないわね

健康に影響を与える要因

先ほど健康についての定義をみてきましたが、WHOの定義通りに「健康」を考えるとみなさんの考える健康のイメージとお大きく乖離してしまうため、ここからはみなさんの健康感に沿ってお話していきます。

人のあらゆる行動は、良くも悪くも、直接的にも間接的にも健康に影響しています。

例えばがん、心臓病や脳卒中、糖尿病などのいわゆる慢性疾患とよばれる病気は、あらゆる死因の中でも高い割合を占めています。

生活習慣が主な要因と言われていますがそれだけが健康に影響を与えているわけではありません。

参考に次の図を見てください。アメリカとカナダでの生存年数(75歳まで)に影響を与えている4つの要因が描かれているグラフです。


喫煙、運動不足、飲酒、過食、ストレスへの対処などの健康に関連した行動で、ライフスタイルとか生活習慣と呼べるものが一番多いですがそれでも全体に占める割合は半分ほどです。

遺伝の要因に関しては残念ながら自分の力ではどうしようもないことですが、その他の2つについては適切な環境に身を置いたり保健医療を提供することができれば健康に良い影響を与えることができるということです。

ノア
ノア
身を置く環境次第で人は良くも悪くもなってしまうのよ
京子さん
京子さん
周りの環境って大事なんだね〜

健康な体づくりの基本

ノア
ノア
健康的なからだをつくるには、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠が重要と言われているわ
京子さん
京子さん
これが長い間乱れたままになると健康に良くないのね

タニタ食堂で有名なTANITAでは、健康的なからだづくりの為に「肥満の予防と改善」というアプローチでの健康づくりを提唱しています。

肥満とは、「脂肪組織の占める割合が異常に増加した状態」と定義づけられています。特に、内臓脂肪量が多いと、生活習慣病になりやすいという研究結果が報告されています。「肥満の予防と改善」には正しい生活習慣を定着させることが重要です。ただし、これまでの間違った生活習慣を改善するには、時間を要します。習慣には「逆戻り」という現象があり、「知らず知らずのうちに、元の習慣に戻ってしまう」ということが起こります。このため、「持続可能な範囲で、ゆっくりと時間をかけて改善していくこと」が重要です。

https://www.tanita.co.jp/health/detail/20

ノア
ノア
肥満になってしまいダイエットが必要な人もいれば、その逆に体重が増えなくて困っている人もいるわよね
京子さん
京子さん
うん
ノア
ノア
だから人によって健康的なからだづくりの方法は異なるの。食事だけじゃなくて、例えば一般的に健康に有効とされるようなジムへ通ったり毎日ジョギングしたりすることが有効な人もみれば、そうでない人もいる。だからその人のからだや状況に合わせた健康づくりが大切なのよ

最後に

いかがでしたでしょうか。

健康であることが当たり前の毎日だからこそ、身近すぎて逆に意識することも少ないのではないでしょうか。

仮に意識できたとしても慣れ親しんだ習慣を変えるというのは簡単なことではありません。例えそれがどれほど誤った習慣だったとしても。。

でも、そんなときは健康でなくなった時の自分をイメージしてください。

その未来の自分は幸せですか?

目に見える金銭的な価値を考えてみるだけでも、『健康という資産』は莫大な富をもたらしてくれています

給料、年収という形で年間何百万円ものキャッシュフローをもたらしてくれています。

目に見えない価値まで考量すると、もはやその価値は天文学的な金額になると思っています。

当たり前のように食事をして、お風呂に入ったりトイレに行ったり、気が向けば少し外出したりもする...

何気ない日々の生活が実は『健康という資産』の上に成り立っていると気づいた時、あなたその価値のあまりの大きさに驚くと思います。

だから私は健康という資産の価値はプライスレスだと思います。

そしてその大切な『健康という資産』を維持しようと『ヘルスケア』について真剣に考えることは最高の資産運用だと思います。

運用利回りを何%で回すとか、目先の100万、200万といった金額よりはるかに大事な資産運用だと思います。

その大事な健康という資産を守るために、毎日ほんの少しだけ努力してみようかな

この記事を見て、少しでも多くの方がそう感じてくれたら嬉しいです。

それでは最高のフィナーレを!

↓モチベUPに1日1回ポチッと♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村