節約術

《STEP1》お金を貯める基本は収支の把握がスタート

ノア
ノア
最近、老後の資金が2000万以上不足すると言われて大きな問題になっているわね
京子さん
京子さん
今さら自分で2000万用意しろなんて言われてもそんなの無理だよ〜
ノア
ノア
そうね、いきなり貯めろと言われても困るわよね。でも時間をかけて早くから取り組めば決して不可能な金額じゃないわ
京子さん
京子さん
う〜ん、、でも毎月の貯金も思ったようにできないのにホントに貯められるのかな〜

お金を貯めたいけどなかなか思ったように貯まらない。

この記事を見てくれているあなたはそう不安に感じてこの記事を開いてくれたのではないでしょうか。

ネットであれ、雑誌であれ「自分で調べてみる」ということはとても重要な行動です。

私も以前同じようにお金が貯まらないことに不安を感じていましたが、今は毎月10万円以上貯金して資産運用に回せています

今回は貯金をするにあたってまずどこから見直したのか、紹介していきます。

今回お届けするポイントはこちら

・焦って増やそうとしても上手くいかない
・まずは現状を把握することが最初の一歩
・現状を把握するために家計簿をつけて出費を抑えよう!
・お金を貯めるなら先取り貯金が効果的

それでは一つずつ見ていきましょう。

いますぐ増やそうは最悪の一手

金融庁が作成した試算によれば2000万どころか3000万円もの金額が必要になる可能性があるという報告もあり、それだけで聞いたら不安になるのも自然なことですよね。

金融庁が作成した老後資金に関する試算
京子さん
京子さん
とんでもない話だ〜

だからと言って焦って投資やギャンブルなどに走ってしまうとほぼ間違いなく上手くいきません。

株で大儲けしたとか仮想通貨で一発当てたとかいう話を耳にすると自分もできるかも知れないと思いがちですが世の中そんなに甘くはありません。今すぐ増える可能性があるということは今すぐ減るという可能性もあるということです。

そもそも投資などの資産運用は余裕資金でするものであって、収支も把握しないまま生活資金を注ぎ込むというのは最悪の一手です。

ノア
ノア
焦って増やそうとしても上手くいかないことは最初に覚えておきましょう

最初の第一歩は収支を把握すること

お金を貯める上で、毎月の収入はいくらで支出はいくらなのかを把握することが最初の一歩になります。

と言っても毎月の収支を把握するのってかなりめんどくさいんです。ノアも最初の頃、家計簿を書店で買ってきてつけていましたが、ま〜上手くいかない。

仕事や日々の雑務に追われてせいぜい三日坊主になるのが関の山です。

でも家計簿をつけないことには毎月の正確な収支が把握できない。じゃ〜どうするの、となった時に見つけたのが家計簿アプリ。

ノアは一番多くの人に使われていると言われているマネーフォワードというアプリを使ってるのですがま〜使いやすい。

自分が利用している銀行口座やクレジットカードを登録しておくと、自動で入出金明細や利用明細にアクセスして家計簿をつけてくれるというかなり便利なアプリです。

もちろん毎日家計簿をつけるのが苦にならない人はそれでもいいですし、収支を把握する上で自分にあったやり方を見つけるのが大切ですね。

ノア
ノア
ずぼらな私でもこのアプリのおかげで毎月10万円貯金できるようになったわ
京子さん
京子さん
自動で管理してくれるなら私もできそうね

最後に

いかがでしたか?

みなさんが毎月の収支を把握してお金を貯めるきっかけになってくれれば嬉しいです。

最後に一つアドバイスを伝えるとするなら、給料日に振り込まれたお金を使い余った分を貯蓄に回すのではなく、給料が入ってきた時点で貯金する分を先に別の口座に移してしまい、残ったお金でやり繰り繰りすることが大切です。

特にこれまで思うように貯蓄ができなかった人には特にこの先取り貯金が効果的と言われています。

”思うこと”と”行動する”ことは大きく違いますが、インターネットで「自分で調べる」という行動を取れたみなさんはもうすでに貯金をして資産形成する一歩を踏み出しています。

それでは最高のフィナーレを!